入れ歯

歯がなくなるのは

歯がなくなってしまう原因は、大きく分けて2つ、むし歯と歯周病です。
むし歯では歯そのものがとけてなくなりますが、歯周病では歯をささえるまわりの骨がとけてしまい、歯がぐらぐらとなり抜けてしまうのです。

歯がなくなったら

1本だけなくなった場合にはブリッジといってなくなった歯の両隣の歯を削り、3本分のつながったものをかぶせます。
しかし何本もなくなってしまった場合にはブリッジでは残っている歯に負担がかかりすぎてしまいます。
そこでとりはずし式の義歯(入れ歯)が必要となるわけです。

入れ歯の種類

入れ歯の種類

入れ歯には何本かの歯が残っていて、その歯にバネのようなものをひっかけて入れ歯の安定を図る部分入れ歯と、歯が1本も残っていない場合の総入れ歯があります。

また、合成樹脂を主体とした保険の効く入れ歯と、金属を主に使う保険の効かない入れ歯があります。

お悩みやご不明な点、お気軽にご相談下さい。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーとは?

ノンクラスプデンチャーとは?

ノンクラスプデンチャーは、弾力性のある新素材を使用しており、目立つ金属のバネが不要です。
入れ歯を気にせず、素敵な笑顔を見せて下さい。

ノンクラスプデンチャーは、素材がやわらかく、支えの金属が不要なので、セラミックやハイブリッドレジン等の白いさし歯を入れても傷つける心配がなく相性バツグン!
合わせてご検討の方はご相談下さい。

ノンクラスプデンチャーなら、支えの金属がないので、目立たず、左側のみでスッキリおさまります。